歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 歯周病 > 歯茎が腫れる歯肉炎は歯周病の初期症状

歯茎が腫れる歯肉炎は歯周病の初期症状

細菌の画像



こんにちは、HIROです。

あなたは歯肉炎について、どのくらいご存知でしょうか?

名前から歯肉(歯茎)が炎症を起こすということは、分かります。
でも、歯周炎や歯槽膿漏とどう違うのかと問われると、ちょっと悩みますよね。

歯肉炎を治療するためには、まず、その原因や症状について理解しなければなりません。

この機会にしっかり学習しましょう。

歯肉炎の原因と症状

歯肉炎の原因は、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。
この細菌は歯周病菌と呼ばれ、これに感染すると歯肉炎になります。

歯磨きを怠ると、口の中に潜んでいる多くの細菌が活動を開始します。
そしてそれらは、やがて粘着力のあるやわらかい塊へと変化し、
歯の表面や歯と歯の隙間だけでなく、歯と歯肉の境目(歯肉溝)にも付着します。



ここでちょっと下記の図を見て頂けますか?

歯の画像



これは健康な歯の状態を示した図です。
歯が白く、歯肉も健康なピンク色ですよね。
しかし、赤丸で囲んだ部分の歯と歯肉の境目(歯肉溝)に歯垢が溜まると、少々やっかいなことになります。

というのは、溜まった歯垢を放置してしまうと、歯垢の中に潜んでいる歯周病菌に歯肉が感染し、歯肉炎になるからです。

歯肉炎は歯周病の初期の症状です。


ちなみに歯周病の流れは、【初期】歯肉炎→【中期】軽度から中度の歯周炎→【末期】重度の歯周炎(歯槽膿漏)となります。

歯肉炎になると歯茎が赤く腫れ、出血するなどの症状が現れます。
それと口臭も出ます。
ただ痛みがないので、けっこう放置されることが多いです。


恐ろしいことですね。
だって、そのまま放置するとやがて歯周炎(歯槽膿漏)になり、最悪の場合歯が抜けてしまいますから……。

つまり、この歯肉炎をいかに治すかが、歯周病治療の初期の課題となるのです。


歯肉炎の治療

歯肉炎は歯周病の初期の症状です。

歯垢が歯肉溝に溜まり、歯肉が炎症を起こしていますが、他の歯周組織にまで被害は及んでいません。
よって、きっちり治療をすれば治ります。

下記に私がおススメする治療法を3つ紹介します。

<健康的な口



1 小まめに歯磨きをする。

歯肉炎の治療に絶対欠かすことができないのが、「歯磨き」です。

できれば毎日、食後と就寝前に磨きましょう。
丁寧なブラッシングを心がけるとともに、歯間ブラシやデンタルフロスを併用すれば、より効率よく歯垢を落とすことができます。


歯磨き粉





歯磨きの詳細については、日を改めて歯磨きのコーナーでお話しします。


2 生活習慣を見直す。

あなたは毎日、規則正しく生活していますか?
生活習慣の乱れは、身体に悪影響を与えます。
そしてそれは免疫力を低下させ、歯周病菌の活動を活性化させます。
その結果、歯肉炎が進行するのです。


たとえばあなたは、

・睡眠不足

・過度なダイエット

・糖分の取りすぎ

・運動不足

・ストレスによる疲労

・過度な喫煙

などに陥っていませんか?


あなたが上記の項目に一つでも当てはまるのなら、今日から生活習慣を見直しましょう。


見直すための画像




3 歯科医院で歯垢除去をしてもらう。

歯肉炎になった場合、歯磨きだけでは歯垢を落としきれない可能性があります。
そういう時は、歯科医院で歯垢を除去してもらいましょう。

歯垢は超音波スケーラーという器具を使って除去します。
これは超音波による振動により、歯垢や歯石を除去するという方法です。
歯肉炎の場合、痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

歯垢除去は、定期検査も兼ねて年に1回ぐらいで大丈夫です。
歯科医にチェックしてもらえれば、安心できます。
気が楽になりますよ。

費用は少しかかりますが、歯周炎の予防と考えれば、惜しくないと思います。

歯科検診



正直私は歯肉炎の方が羨ましいです。
だって、真面目に治療すれば治るんですから。

私は軽度の歯周炎なので、いくら治療しても治りません。
進行を止めるのが精一杯です。

もしあなたが歯肉炎を患っているのなら、上記の3つの治療法を試してみて下さい。
歯周炎になる前に歯肉炎を治しましょう!!



まとめ

歯肉炎は歯周病の初期の症状です。
歯茎が赤く腫れる、歯茎から出血する、口臭が出る、などの症状がありますが、他の歯周組織にまで被害は及びません。
よって、真面目に治療すれば治ります。

ただ、歯肉炎は痛みがないので、放置されることが多いです。
歯肉炎をそのまま放置すると、やがて歯周炎(歯槽膿漏)になり、最悪の場合歯が抜けます。

そうならないよう、歯磨きや生活習慣を見直し、健康な歯茎を取り戻しましょう。

なお、こちらのページにも関連記事を記載しています。
未読でしたら、ご一読頂ければ幸いです。
↓  ↓
歯周病は恐ろしい細菌感染症


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/07/27 19:34 ] 歯周病 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の55歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

にほんブログ村 ランキング