歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 通院日誌 > 咬耗症(こうもうしょう)の治療と歯石除去

咬耗症(こうもうしょう)の治療と歯石除去

公園で遊ぶ



こんにちは、HIROです。

2016年6月8日(水)、右下の奥歯が少し欠けて黒ずんでいるように見えたので、N歯科で診察してもらいました。


↓↓ポチっと応援クリックして頂ければ嬉しいです。

闘病記 ブログランキングへ

咬耗症(こうもうしょう)の治療

最初、虫歯かなと思いました。
もし虫歯だったら、進行して歯髄(歯の中の神経)まで達すると激痛に襲われます。

私はまだその痛みを経験したことがないので分かりませんが、知り合いに聞くと説明できないぐらい痛いそうです。

しかし、院長さんの回答は違っていました。

「これは咬耗症ですね。歯ぎしりによって、エナメル質が削れ、象牙質が見えています。黒ずんでいるのは着色です。虫歯ではありません。気になるようなら、詰めましょう」

と、笑顔で回答してくれました。
(※咬耗症については、こちらをどうぞ⇒歯ぎしりとマウスピース

歯の治療



虫歯じゃなかった。
ちょっとホッとしましたね。

でも詰め物で治療するとき、歯を削るのかな?
私は、ふと不安になりました。

以前、一度虫歯の治療をしたことがあるのですが、その時も同じように詰め物を入れました
でも数年前なので、治療の手順を思い出すことができません。

歯を削るんなら麻酔はするよな。
そう思いながら、院長さんの言われるままに口を「あーん」と開けると、いきなり「キーン」という音が聞こえてきました。

えっ、麻酔はないの?
一瞬、全身の血が凍りつきました。


歯の治療



ところが、歯を削られる感じはするんですが、全然痛くありません。
削り終わり、詰め物を埋め込むときも、無痛でした。

そこで私は思い出しました。
歯を削るだけなら、痛みはほとんどないんです。
前の治療の時もそうでした。

麻酔をするのは、治療が歯の神経に到達する時だけなんですね。
いやー、もっと早く思い出していればビビらなくて済んだのに……
とほほ……

咬耗症の治療は10分ぐらいで終わりました。
噛み合わせもバッチリで、舌で舐めても歯が欠けた感じは全くしません。
治療を受けて、本当によかったです。

雄叫び


溜まっていた歯石を除去

治療の後、歯石が溜まっていないか、歯科衛生士さんにチェックしてもらいました。
私は、毎日3回、歯磨きを欠かかさずしています。
自分で歯磨きのマニュアルを作り、せっせと取り組んでいたので、歯石は溜まっていないと思っていました。

しかし、まだまだ未熟でした。
特に右下の歯の裏側がきちんと磨けておらず、歯石がかなり溜まっていました。
どうも歯ブラシが歯茎に完全に届いていなかったようです。
歯科衛生士さんの話では、右利きの人はこの部分が弱点みたいです。

歯石除去



それと私が使用していた歯ブラシは、ヘッドが大きめでした。
私の顎と口の大きさは、平均並みかそれ以下です。
つまりヘッドが大きいと細部まで歯ブラシが届かず、磨き残しが出るのです。

うかつでした。
歯周病治療の条件(毛先がやわらかい、毛先が細い、毛が密集している)を全て満たしていたので安心していたのですが……。
まだまだ勉強不足でした。
とほほ……

そこで歯科衛生士さんに、歯科専用歯ブラシを紹介してもらいました。
それがこちらの歯ブラシです。
⇒ジーシー ルシェロ歯ブラシ P-10

http://www.gcdental.jp/products/toothbrush/ruscello/p_10.html
こちらのページも併せてご覧ください。
歯茎にやさしくて、歯垢も落とせる歯ブラシの選び方

現在、この歯ブラシを使って歯磨きをしています。
以前使用していた歯ブラシよりヘッドが大分小さいので、毛先が歯茎に良く届きます。
これなら、次の定期健診でOKがもらえるかもしれません。

ちなみに、次回から1月に1回、定期検診をして頂くようお願いしました。

理由は、歯垢の溜まり具合をチェックしてもらうためです。
歯垢が溜まっているところを指摘してもらい、同時にブラッシング指導を受ければ、「自宅でできる歯周病の治療」に磨きがかかりますので……。

日誌をふりかえって


プロフィール画像



通院日誌を読まれてどうでしたか?

虫歯と咬耗症って、ちょっと区別しにくいですよね。
特に奥歯は見えにくいいので、素人ではよく分かりません。
でも、鏡を見て悩むぐらいなら、時間を取って歯科医院に行く。
やはりこれが一番大事だと思いました。

ところであなたは、かかりつけの歯科医院を持たれていますか?
もし持たれていないなら、今からでも持ちましょう。

歯科医院は一つに絞った方が良いです。

なぜなら、大きなメリットが2つあるからです。
1つ目は、過去のデータが残ることです。
データがあれば、それを参照にしつつ、より迅速な治療ができます。

2つ目は、歯科医師との信頼関係を築けることです。
続けて通院すれば、歯科医師や歯科衛生士と顔なじみになるので、気軽に質問できます。
そして、向こうも気持ちよく回答してくれます。

もし、歯のトラブルのたびに、別の歯科医院に行けば、全て一から説明しないといけません。
精神的に疲れるし、治療にも不具合が生じるかもしれません。

カルテの保存年限は通常5年です。
それ以内に最低一度通院すれば保存年限は伸びます。

私はN歯科に10年以上お世話になっています。
たぶんもう完全にお得意さんだと思います。
毎年、年賀状が届きますから(笑)。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/08/10 22:35 ] 通院日誌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の55歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

にほんブログ村 ランキング