歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 歯磨き > 磨き残しを極力減らす、歯磨きの仕方

磨き残しを極力減らす、歯磨きの仕方

歯磨き



こんにちは、HIROです。

あなたは毎日どのように歯を磨いていますか?
歯磨きは、日々の習慣として定着していますが、身体がだるいときや、忙しいときは、つい適当に磨きたくなりますよね。

でも、あなたが歯周病に罹っているのなら、適当に磨いてはいけません。


↓↓ポチっと応援クリックして頂ければ嬉しいです。

歯・口・喉の病気 ブログランキングへ

歯磨きをしても磨き残しがあれば、歯垢となって歯や歯茎に付着します。
歯垢は歯周病菌の塊ですから、歯周病の進行を加速させます。

また早く終わらせようと、ゴシゴシと強く擦るように磨いてもダメです。
せっかく歯磨きをしても、歯茎をいためてしまったら本末転倒になりますので。

歯は丁寧に優しく磨くよう心がけましょう。

このコーナーでは、磨き残しを極力減らす、歯磨きの仕方についてお話します。
歯と歯茎をきれいに掃除して歯周病の進行を抑えましょう。


歯磨きの回数とタイミング



歯磨き



あなたは毎日、何回歯磨きをしていますか?

私は軽度の歯周炎を患っているので、一日に3回磨いています。
基本的に朝・昼と就寝前ですね。

ではこの中で、どれが一番大事な歯磨きか分かりますか?
実は就寝前なんです。

なぜかというと、就寝中は口腔内の唾液の量が減るからです。
唾液には殺菌作用があります。
それが減るということは、細菌の活動が活発になるということです。

就寝前の歯磨きを怠ると、歯周病や虫歯になるリスクは高まります。
そうならないためにも、就寝前は特に念入りに歯磨きをしましょう。

歯磨き後に、歯間ブラシとデンタルフロスを使用すれば、効果は更に高まります。
(私はこの2つの器具をまだ十分使いこなせません。今、特訓中です。歯間ブラシとデンタルフロスについては、また日を改めてお話しします)

<スポンサードリンク>



それに付随して、もう一つ大事なことがあります。
それは寝起きです。


いくら就寝前に歯磨きをしても、就寝中は唾液の量が少なくなるので、
細菌は昼間に比べて増殖します。

よってそのままの状態で朝食をとると、細菌も一緒に飲み込むことになります。
考えただけでぞっとしますよね。

そこで私は、朝食前に必ず「うがい」をしています。
「うがい」をすれば、口腔内の細菌を外部に追い出すことができます。

これで安心して朝食を楽しめますね。

うがい



次に朝と昼についてですが、私は必ず食後に磨きます。
磨くタイミングは、食後30分を目安にしています。
なぜすぐ磨かないかというと、歯のエナメル質が傷つくからです。

食後は酸により歯のエナメル質が溶ける、脱灰(だっかい)という現象が起こります。

しかし、しばらくすると、唾液の作用により元通りに復元します。
これを再石灰化(さいせっかいか)と言います。
この再石化までの時間が約30分なんです。

私は歯周病や咬耗症(こうもうしょう)を患っているため、普通の人よりエナメル質が弱い所があります。
再石灰化する前に磨くと、間違いなくその部分を傷つけます。
よって、食後の歯磨きは、30分ほど時間をずらします。

ただ、健常者の方(歯や歯茎に異常のない方)については、この限りではありません。
食後、すぐに歯磨きをしても問題はないでしょう。

私が食後に歯磨きをする理由は下記のとおりです。

1 「食べかす」を除去し、歯垢化を防ぐ。


私は歯と歯の隙間が普通の人より開いているので、食べかすがよく詰まります。

少しぐらいなら爪楊枝で対処できますが、かなりの量が詰まるので、長時間放置すると気持ち悪くなります。

また、「食べかす」は取り残すと歯垢になります。
食後に磨かないと「食べかす」が歯間に蓄積されるので、いくら就寝前に念入りに磨いても、取り残す可能性が高まります。

歯垢は粘着性の物質なので、歯にガッチリとこびりつきます。
でも、食後に歯磨きをすれば、食べかすが歯垢化する前に除去できるので、就寝前の歯磨きが楽になります。

これが食後に歯磨きをする1つ目の理由です。

2 口臭を抑制し免疫力をアップさせる。


歯茎が健康な人は、唾液の殺菌・洗浄作用により口臭があまり出ません。
よって、よほどきつい臭いのものを食べない限り、歯磨きをしなくても口臭に悩まされることはないでしょう。

しかし、歯周病患者の場合は、ちょっと事情が異なります。
歯周病患者は、程度の差こそあれ口臭が出ます。
つまり、いくら食後に唾液が口腔内を殺菌・洗浄してくれても、歯磨きをしないと口臭がきつくなるんです。

私は軽度の歯周炎を患っています。
今のところまだ指摘されたことはありませんが、どうも回りが私に気を使い、黙っているような気がします。

知らず知らずの間に、人に不快感を与えている。
そう考えるとしだいに疑心暗鬼に追い込まれ、気分が落ち込んできます。
気分が落ち込むとストレスが溜まりますよね。
ストレスは免疫力の低下につながり、歯周病促進の原因にもなります。

そこで歯磨きです。
歯磨きをすると、口臭を抑制することができるし、気分が爽快になるので、ストレスが解消し免疫力が上がります。

これが食後に歯磨きをする2つ目の理由です。

あと夜についてですが、夜は「うがい」だけに留めています。
なぜかというと、夕食から就寝までの時間が3時間しかないからです。

午後7時に夕食を食べ午後10時に就寝しますので、就寝前の歯磨きは9時30分頃になります。
歯磨きの間隔が短すぎると、歯や歯茎を痛める可能性があるので、夜の歯磨きは「うがい」で代用しています。

以上が私の歯磨きの回数と、そのタイミングについてです。

歯磨きの回数やタイミングは人それぞれです。
口腔内の状況により、色々変わります。
上記の歯磨きの回数やタイミングは、あくまでも私個人のものということで、参考程度に留めて頂ければ幸いです。


歯磨きの仕方

あなたは歯磨きをするとき、どのような手順でされますか?

私は磨く順番を決め、磨き忘れをなくすようにしています。
それと磨く時間ですが、朝・昼はそれぞれ10分で、就寝前は15分です。

歯周病の治療に取り組む前は、5分ぐらいしか磨いていませんでした。
磨き方も適当で、歯磨き粉の香りで磨いた気分になっていました。
今考えれば、本当に情けない。
とほほ……。

その思い出したくもない過去と決別するために、上記の時間を設定し、現在一日も欠かすことなく実施しています。

雄叫び



それでは磨き方の説明に入ります。

1 歯ブラシの持ち方

最初に歯ブラシの持ち方についてですが、歯ブラシは鉛筆やペンを持つような感じで軽く握ります。

歯磨き



力を入れて擦ると、エナメル質が傷つくので危険です。

歯はけっこうデリケートなので、大切に扱いましょう。

2 歯を磨く順番

私の歯を磨く順番は、下記のとおりです。

1 上側の前歯(中切歯)を磨く
2 上側の左側の前歯と奥歯(側切歯~第3大臼歯)を磨く
3 上側の右側の前歯と奥歯(側切歯~第3大臼歯)を磨く
4 下側の前歯(中切歯)を磨く
5 下側の左側の前歯と奥歯(側切歯~第3大臼歯)を磨く
6 下側の右側の前歯と奥歯(側切歯~第3大臼歯)を磨く


※(注)第3大臼歯(親知らず)は無い人もいますが、ここでは一応有るものとして扱います。

下記は磨く順番を図示したものです。

歯



1と4【上側と下側の前歯(中切歯)】の磨き方については下記のとおりです。


・歯の表面は、歯に直角に歯ブラシを当て、小さく振動させるような感じで1本ずつ磨きます。

前歯



・歯と歯茎の境目は、歯ブラシを45度の角度にして、力を抜いて優しくマッサージするような感じで磨きます。

前歯



・歯と歯の間は、歯ブラシのヘッド部分かフット部分のどちらかをそこに入れた状態で、小刻みに振動させるように磨きます。

・歯の裏面は、歯ブラシを立てて、歯の付け根から歯の先端に向けて歯垢を掻き出すように磨きます。
歯垢は歯と歯茎の間(歯肉溝)に溜まりやすいので、この部分は特に丁寧に磨く必要があります。 

歯磨き



2・3・5・6【上側左右と下側左右の前歯と奥歯(側切歯~第3大臼歯)】の磨き方については、下記のとおりです。


・歯の表面と歯と歯茎の境目、そして歯と歯の間は、上記1・4と同じです。奥歯から順番に磨いていきます。

奥歯



奥歯



・歯の裏面は歯ブラシを斜めに入れ、奥歯から順番に磨いていきます。
なお、中切歯に近づくにつれて、歯ブラシを立ち気味にします。

歯の磨き方は、人それぞれです。
口腔内の状況により、色々変わります。
上記の磨き方はあくまでも私個人のものということで、参考程度に留めて頂ければ幸いです。

<スポンサードリンク>



書籍やネット上には、歯磨きの情報がたくさんあります。
私も色々と調査し、参考にさせてもらいました。
あなたも、ぜひ、自分に合った方法を探してみて下さい。

なお、どうしても自分に合った方法が見つからない場合は、歯科医師に相談しましょう。

まとめ

・歯磨きは就寝前が一番大事です。

・寝起きは口の中に細菌が溜まっています。朝食の前に「うがい」をして、細菌を追い出しましょう。

・食後に歯磨きをすれば、歯垢の元になる「食べかす」の蓄積を防ぐことができます。また口臭を抑制するとともに気分が爽快になるので、免疫力がアップします。

・歯磨きは磨く順番を決め、磨き忘れをなくしましょう。

・歯は10分から15分ぐらいかけて、丁寧に磨きましょう。

・歯磨きの回数・タイミング、そして歯磨きの仕方は、人それぞれです。
自分に合ったやり方が見つからない場合は、歯科医師に相談しましょう。

歯磨きで一番大事なことは、磨き残しを極力減らすことです。
自分にあった方法を見つけ、歯茎を傷つけないよう、時間をかけて丁寧に磨きましょう。

なお、歯磨きについては、こちらのページに関連記事を記載しています。
未読でしたら、ご一読頂ければ幸いです。
↓  ↓
歯と歯茎を守る「歯磨きの力」
歯茎にやさしくて、歯垢も落とせる歯ブラシの選び方


<スポンサードリンク>



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/08/01 14:43 ] 歯磨き | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の55歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

にほんブログ村 ランキング