歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 歯磨き > 歯茎にやさしくて、歯垢も落とせる歯ブラシの選び方

歯茎にやさしくて、歯垢も落とせる歯ブラシの選び方

歯ブラシ



こんにちは、HIROです。

あなたは、何を基準に歯ブラシを選ばれますか?
ドラッグストアに行けば、色々な種類の歯ブラシが置かれています。

毛先が固い物、毛先が普通の物、毛先がやわらかくて細い物、毛が密集している物・いない物、安価な物、高価な物など、本当にたくさんの種類の歯ブラシがあります。

この場合、あなたが健康な歯茎の持ち主なら、そこまで種類にこだわる必要はないかも知れません。

しかし、少しでも歯周病を患っているのなら、真剣に選ぶ必要があります。

なぜなら、歯ブラシの選び方を間違えると、大切な歯茎を傷めてしまうからです。

歯磨き



正しい歯ブラシの選び方

歯磨きの目的は、歯の表面や歯と歯茎の隙間に溜まった歯垢(プラーク)を除去することです。

そのためには、自分に合った歯ブラシを選ぶ必要があります。


歯ブラシ




もしあなたが初期から中期程度の歯周病を患っているのなら、下記の条件を満たした歯ブラシを選びましょう。
なお、後期の歯周病の場合は、歯科医院での治療(手術ほか)が必ず必要になるので、歯磨きについて医師に相談された方がよいと思います。

<歯ブラシの条件>


1 毛先がやわらかい。

歯周病を患っている方の歯茎は、たいてい腫れてブヨブヨしています。
そこに向けて普通若しくは固めの毛先を当てると、ほぼ間違いなく出血します。

それに対してやわらかい毛先なら、歯茎に優しいので、痛みも出血も少なくて済みます。
そして継続すれば、それらもいずれ無くなります。

2 毛先が細い。

毛先が細ければ、歯と歯茎の境目に溜まった歯垢を落とすことが出来ます。

3 毛が密集している。

毛が密集している歯ブラシは、たとえ毛先がやわらかく細くても、普通の歯ブラシと同様に歯の表面をしっかり磨くことができます。

また、弱った歯茎をマッサージし、キュッと引き締めてくれます。

3つの条件



私が使用している歯ブラシ

私が現在使用している歯ブラシを紹介します。
かかりつけの歯科医院で購入したのですが、なかなかの優れものです。


歯ブラシ




<歯ブラシ名>
ジーシー
ルシェロ歯ブラシ P-10 

<販売業者>
株式会社ジーシー

<歯ブラシの特徴>
歯周疾患の方向けのぺリオタイプ。極細のテーパー毛が歯肉にやさしい独自のハイブリッド段差植毛(テーパー毛+ラウンド毛)を採用しています。歯周病の予防に適したM、歯肉の痛みが強い方に適したSがあります

(※サイト名:株式会社ジーシー 
製品情報 > 歯ブラシ > ルシェロ歯ブラシ > P-10 のページより引用)
url:
http://www.gcdental.jp/products/toothbrush/ruscello/p_10.html

私は軽度の歯周炎を患っているので、Sの毛先がやわらかめを使用しています。
このルシェロ歯ブラシ P-10Sは、歯周病に適した歯ブラシの条件を、全て満たしています。

歯ブラシの条件は、

・毛先がやわらかい。
・毛先が細い。
・毛が密集している。


でしたよね。

使用してみてまず感じたことは、磨き心地の良さです。
毛先がやわらかいので、歯茎をこすっても痛くありません。

私は以前、毛先が普通の歯ブラシを使って、歯茎を傷めたことがあります。
そのトラウマが原因で、最初少し不安でした。

毛先がやわらかいと書いてあるが本当に大丈夫か? と……。

しかし使用後、その不安は見事に払拭されました。
本当に歯茎にやさしいんです。
この歯ブラシを使用し始めてから、歯茎の痛みだけでなく、出血も軽減しました。

この歯ブラシと普通の歯ブラシの大きな違いは、植毛の仕方です。
先端から2列目までは、極細の毛集中して植毛されています。
なおこの部分だけ形が三角になっています。

そして3列目以降は、毛に2mmほどの段差をつけ、それを交互に混ぜ合わせた植毛になっています。(ちなみに長い毛は毛先が尖っており、短い毛は丸みを帯びています)

よって、奥歯や歯間、歯と歯茎の境目に毛先がきちんと届きます。
つまり力を入れず小刻みに磨くだけで、歯垢を取り出すことが出来るのです。
また歯茎をやさしくマッサージしてくれるので、歯茎がキュッと引き締まります。
正直、使用後の爽快感は、今までの歯ブラシとは比べ物になりません。

これからもずっと愛用し続けるつもりです。

値段が普通の歯ブラシに比べて少し高めですが、信頼性と実用性を兼ね備えた歯ブラシだと思います。

なお、購入される際は、歯科医に相談された方が良いです。
この歯ブラシは歯科用ですから。
アマゾンなどの通販でまとめ買いすることもできますが、初めての購入の際は、歯科医に相談されることをお勧めします。

あなたもぜひ、自分に合った歯ブラシを探してみて下さい。
上記の3つの条件をクリアできていれば、大丈夫です。


まとめ

・歯ブラシは自分に合った物を選びましょう。
・歯周病に適した歯ブラシの条件は、毛先がやわらかい、毛先が細い、毛が密集している、の3点です。

歯ブラシは「歯磨き」の必須用具です。
歯ブラシの選び方を間違うと、歯茎を傷つけることがあるので、気をつけましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/07/31 19:18 ] 歯磨き | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の55歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

にほんブログ村 ランキング