歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 歯周病 > 歯周組織を破滅させる重度の歯周炎(歯槽膿漏)

歯周組織を破滅させる重度の歯周炎(歯槽膿漏)

細菌の画像



こんにちは、HIROです。

あなたは重度の歯周炎と聞いて、どんな状態を想像されますか?
歯周炎という言葉自体、あまり聞きなれていないと思うので、ちょっと想像しにくいかも知れませんね。

でも歯槽膿漏という言葉なら聞かれたことがあるはずです。
これは読んで字のごとく、歯槽(歯の根っこが入っている穴)から膿が漏れる状態を意味します。

重度の歯周炎は、かつて歯槽膿漏と呼ばれていました。
今は学術において歯周病の一部として考えられています。

でも歯科医師は今でも歯槽膿漏という言葉を使いますね。
その方が患者には分かりやすいので……。


重度の歯周炎(歯槽膿漏)の原因

重度の歯周炎は、歯周病の最終段階です。
ここまで症状が進行すると、歯を失う確率はかなり高くなります。
最悪の場合、抜歯も覚悟することになるでしょう。

重度の歯周炎の原因は、歯周ポケットに溜まっている「歯石」です。
ただし普通の歯石ではありません。

軽度から中度の歯石に比べて、重度のそれは更に増大しています。

つまり歯石とともに、その中に潜んでいる歯周病菌も増大したことにより、歯周ポケットの浸食が更に進んだ状態なんです。

歯周ポケットの深さは7ミリ以上になり、歯周組織(歯肉、セメント質、歯槽骨、歯根膜)の破壊は、完成に近づきつつあります。

もう完全に後がありません。
崖から突き落とされる寸前と言っても、過言ではないでしょう。


崖から墜落しそうな画像




重度の歯周炎(歯槽膿漏)の症状

ここでちょっと歯周病の進行段階について、おさらいしてみましょう。


<第1段階>

歯肉炎

歯肉が赤く腫れブラッシング時に出血するが、被害は歯周組織まで及んでいない。
歯周ポケットは3mm以下。



<第2段階>

軽度の歯周炎

歯周組織の破壊が始まり、知覚過敏・歯茎からの出血・口臭の悪化・歯肉の後退などの症状が出る。
歯周ポケットは4mm程度。



<第3段階>

中度の歯周炎

歯周組織の破壊が進み、歯のグラつきが始まる。口臭も更にきつくなる。
歯周ポケットは6mm程度。

以上が中度の歯周炎に至るまでの過程です。
見て頂いたら分かると思いますが、第2段階から歯周組織の破壊が始まります。
静かにゆっくりと歯茎が侵略されてゆくのです。


線路を歩く画像




そして第3段階では、歯周ポケットの深さが6mmに達し、歯のグラつきも始まっています。

この状態でもかなり危険なんです。

しかし、第4段階の重度の歯周炎では、更に下記の症状が追加されます。


・歯肉から膿が出始める。(重度の歯周炎が歯槽膿漏と言われる所以です)

・歯のグラつきが、もっとひどくなる。

・最悪の場合は、歯が抜け落ちることもある。


この第4段階が最終段階になります。


それにしても、歯周病というのは本当に恐ろしい病気です。
じわじわと真綿で首を締めるように、歯茎を侵略してきます。
例えるなら、狙った獲物を計画的に追い詰め、確実に仕留めるハンターですかね。

この進行段階を見て、改めて考えされられました。
私は軽度の歯周炎ですが、気を抜くと、いつ重度の歯周炎になるか分かりません。

そうならないよう、心して治療に専念しようと思います。


重度の歯周炎(歯槽膿漏)の治療

重度の歯周炎になると、歯肉炎や歯周炎(軽度~中度)の治療法では対処できません。
歯周ポケットの深さが7mm以上になり、歯石除去が難しくなるからです。

※歯肉炎や歯周炎(軽度~中度)の治療法については、こちらのコーナーに記載しています。
未読でしたら、ご一読下されば幸いです。
↓ ↓
歯茎が腫れる歯肉炎は歯周病の初期症状
歯周組織の破壊を始める歯周炎の恐怖

歯石を除去せず放置すると、歯石の中に潜む歯周病菌により、歯周ポケットが更に深くなります。

そして歯周病菌は歯周組織を破滅へと追い込みます。
歯周組織の破滅は歯槽骨の消滅を意味します。
土台となる骨を失った歯茎は、歯を支えることができません。
最後には大切な歯を失うことになります。


歯周病後期の画像




それを防ぐためにはどうしたらよいか?

方法はあります。

それが歯科医院で行われている、専門的かつ高度な外科手術です。
ただ症状の進行状況等によっては、手術できないケースもあります。
手術できなければ、残念ながら歯を抜くことになります。

そうならないためにも、歯周炎の進行を第3段階(中度の歯周炎)で抑えましょう。


まとめ

重度の歯周炎(歯槽膿漏)は、歯を喪失する一歩手前です。
歯肉からの排膿や歯の動揺などの症状は、その前兆になります。
早急に歯科医院で治療をする必要があります。
手遅れになる前に、歯科医院に行きましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/07/29 14:25 ] 歯周病 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の55歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

にほんブログ村 ランキング