歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 歯磨き > 歯周病予防に適した歯ブラシは電動歯ブラシか?手動歯ブラシか?

歯周病予防に適した歯ブラシは電動歯ブラシか?手動歯ブラシか?

猫の歯磨き



こんにちは、HIROです。


歯磨きに必要な物と聞いて、あなたは何を思い出されますか? たぶん、まず歯ブラシを想起されるのではないでしょうか? そして歯間ブラシとデンタルフロス、歯磨き粉あたりがそれに続くのではないかと、私は思います。


この歯ブラシ、大きく分けると電動歯ブラシ手動歯ブラシの2種類になります。


電動歯ブラシは、電気の力を利用して歯ブラシのヘッド部分を振動させて歯を清掃します。それに対して手動歯ブラシの清掃は、小まめに手を動かすことによって行われます。


ところでこの2種類の歯ブラシですが、あなたはどちらが歯周病予防に適しているかご存知でしょうか?


残念ながら私は電動歯ブラシを使用していないので、どちらの歯ブラシが適しているかを体験談から述べることができません。そこで私なりに考察してみました。


もしあなたが私と同じ状況であるのなら、この記事を参考にして頂ければ幸いです。




↓↓ポチっと応援クリックして頂ければ嬉しいです。

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康

電動と手動、歯周病予防に適しているのはどっち?


選択



私の意見をお伝えする前に、ここでちょっと電動歯ブラシの種類についてお話しをさせて頂きます。電動歯ブラシには、ブラシのヘッド(毛先部分を含む:以下同様)が低速から中速で振動する普通の電動歯ブラシと、ブラシのヘッドが高速で振動する音波歯ブラシ、そしてブラシのヘッドに内蔵された超音波発生装置から超音波を発生させる超音波歯ブラシがあります。


なぜここで電動歯ブラシの種類について述べたかと言うと、音波歯ブラシと超音波歯ブラシには、普通の電動歯ブラシにはないある力が宿っているからです。


この力は、歯周病の予防に役立ちます。


ここまで読まれたあなたは、ひょっとするともう既に、この力が何か気づかれたかも知れませんね。そうなのです。この2種類の電動歯ブラシには、口腔や歯垢の中に潜む細菌(歯周病菌など多数)にダメージを与える力があるのです。詳細については次のコーナーでお話ししますが、私はこの力に、少なからず魅力を感じております。


それでは、上記の事を踏まえた上で、私の意見をお伝えしたいと思います。


普通の電動歯ブラシ手動歯ブラシについては、正しくブラッシングできていれば、歯周病予防としてどちらの歯ブラシを使用しても、それほど変わりはありません。普通の電動歯ブラシは、単に手動が電動に変わっただけなので、最終的な結果は手動歯ブラシとほぼ同じになります。(※ただし、安価な電動歯ブラシを除きます)
よって、あなたが使いやすいと思う方を選ぶのが良いと思います。


なお音波歯ブラシ超音波歯ブラシについては、口腔や歯垢内に潜む細菌にダメージを与える等の力があるので、正しく使用すれば手動歯ブラシよりも歯周病予防に適していると思われます。


ただし、後ほどお話ししますが、音波歯ブラシや超音波歯ブラシにもデメリットはあります。


よって、これらの歯ブラシのメリットやデメリットについて十分に考察し、歯周病予防と併せて、自分の性格や口腔環境に適合した最も使いやすい歯ブラシを選択することが、一番良いのではないかと私は思います。


正しくブラッシングするとは、それぞれの歯ブラシに適合したブラッシングをすることを言います。


特に電動歯ブラシは、誤ったブラッシングを続けると歯と歯茎を損傷する危険性があります。よって電動歯ブラシを使用する場合は、取扱説明書を熟読し、正しいブラッシングをマスターしなくてはなりません。できれば、歯科医院で指導を受けることをお勧めします。


なお、手動歯ブラシを使用する場合は、下記の記事をご参照頂ければ幸いです。
歯茎にやさしくて、歯垢も落とせる歯ブラシの選び方
磨き残しを極力減らす、歯磨きの仕方


考察した結果、音波歯ブラシと超音波歯ブラシの力は捨てがたいと、私は感じました。細菌にダメージを与えることができれば、歯周病になるリスクを軽減することができるので……。ただし、これらの電動歯ブラシにもデメリットはあります。


<スポンサードリンク>



次のコーナーでは、電動歯ブラシと手動歯ブラシのメリットとデメリット等について、お話しします。


電動歯ブラシのメリット・デメリットは?


電動歯ブラシ



1 普通の電動歯ブラシ


普通の電動歯ブラシは、ブラシのヘッドが低速から中速で振動(毎分3千~1万回前後)します。


<メリット>


(1) ブラシのヘッドを歯に当てるだけで、小刻みに動かす必要はありません。


(2) 短時間で歯垢を除去することができます。


<デメリット>


(1) 安価な物は、ヘッドが大きく低速振動で、ブラシの耐久性も低くなります。そして中には、手動歯ブラシと同様に歯ブラシを動かしながら磨く物もあります。よって理想的なのは、ヘッドが小さく中速振動で、ブラシの耐久性が高い歯ブラシでしょう。ただし少々値段が高額(5千円~1万円前後)になります。


(2) 使用方法を誤ると、歯や歯茎を傷めます。


(3) 振動が苦手な人には向きません。


(4) 使用することができる歯磨き粉が限定されます。研磨剤未配合もしくは低研磨で、発砲剤未配合もしくは少量の歯磨き粉が理想です。なぜかと言うと、電動歯ブラシはヘッドが振動するため、研磨剤を多く含んだ歯磨き粉を使用すると、歯のエナメル質を傷つける危険性があるからです。また、ヘッドの振動により唾液腺が刺激されると、唾液の分泌が促進します。その際に、発泡剤を多く含んだ歯磨き粉を使用すると、唾液と泡の相乗効果により口腔が泡だらけになり歯磨きが困難になります。


(5) 歯周病を患っている方は、購入する前に使用の可否について、歯科医師に相談された方が良いでしょう。私としては、既に歯がグラついている中度以上の歯周炎の方(※ただし、歯茎の腫れや知覚過敏がかなり酷い軽度の歯周炎を含む)は、症状を悪化させる危険性が高いので、使用しない方が良いと思います。


2 音波歯ブラシ


音波歯ブラシは、ブラシのヘッドが高速で振動(毎分3万5千回前後)します。なお、この振動を音波振動と言います。


<メリット>


(1) ブラシのヘッドを歯に当てるだけで、小刻みに動かす必要はありません。


(2) 音波振動により、毛先が当たっていない2~3mm以内の場所も含め、短時間で効率よく歯垢を除去することができます。


(3) 音波振動により口腔や歯垢内に潜む細菌にダメージを与え、細菌同士の結合力を分断します。


<デメリット>


(1) 値段が高額(5千円~2万円程度)です。また、衛生面を考慮して、ブラシのヘッドを3か月に1回(※個人差があります)交換する必要があります。


(2) ブラシのヘッドが高速で振動するため、やや大きめの音がします。


(3) ヘッドの高速振動を操る技術の習得や、歯や歯茎の高速振動への適応には、ある程度時間がかかります。


(4) 程度の差はありますが、普通の電動歯ブラシのデメリット(2)・(3)・(4)・(5)と同様のデメリットがあります。(※(2) 使用方法を誤ると、歯や歯茎を傷める。(3) 振動が苦手な人には向かない。(4) 使用することができる歯磨き粉が限定される。研磨剤未配合もしくは低研磨で、発砲剤未配合もしくは少量の歯磨き粉が理想。(5)中度以上の歯周病患者は、使用しない方が良い)


<スポンサードリンク>



3 超音波歯ブラシ


超音波歯ブラシは、ブラシのヘッド部分に内蔵された超音波発生装置から超音波(人間が耳で聴きとることができない音)を発生させます。


<メリット>


(1) 超音波振動(毎秒150万回前後)により口腔や歯垢内に潜む細菌にダメージを与え、細菌同士の結合力を分断します。


(2) 超音波振動により、歯垢の中に潜む粘着性の強い不溶性グルカンを破壊します。その結果、歯垢が歯に付着しにくくなります。


(3)  超音波発生装置よって生じた超音波は、ブラシのヘッドを殆ど振動させることなく、口腔や歯垢内の細菌に直接ダメージを与えることができます。よって、極端に振動が苦手な人以外は、超音波歯ブラシを使用することができます。


(4) 音波歯ブラシに比べ歯と歯茎に対する刺激がかなり少ないので、歯周病を患っている方でも使用することができます。(※ただしヘッドが完全に停止しているわけではないので、使用方法を誤ると歯と歯茎を傷める可能性が少なからずあります。また、歯周病の症状によって磨き方が変わって来るし、重度の歯周病の場合は使用を控えた方が良いケースもあるかも知れません。よって、購入する前に一応使用の可否も含め、歯科医師に相談されることをお勧めします)


<デメリット>


(1) 値段が高額(1万5千円~2万円程度)です。また、衛生面を考慮して、ブラシのヘッドを3か月に1回(※個人差があります)交換する必要があります。


(2)  歯垢を落とす機能は、音波歯ブラシに劣ります。超音波歯ブラシは、音波歯ブラシと違い、ブラシのヘッド自体は殆ど振動しません。よって、歯垢を落とすためには、手動歯ブラシと同様にヘッドを小刻みに動かす必要があります。つまり、歯垢を歯に付着しにくくするという優れた機能を持つ反面、単純に歯垢を落とす機能は、音波歯ブラシに劣るということになります。 


(3) 程度の差はありますが、普通の電動歯ブラシのデメリット(2)・(4)と同様のデメリットがあります。(※(2) 使用方法を誤ると、歯や歯茎を傷める。(4) 使用することができる歯磨き粉が限定される。研磨剤未配合もしくは低研磨で、発砲剤未配合もしくは少量の歯磨き粉が理想)


以上が電動歯ブラシのメリットとデメリットになります。万能そうに見えた音波歯ブラシや超音波歯ブラシにも、少なからずデメリットがあることをお分かり頂けたと思います。


ただ、もしあなたが電動歯ブラシを使用されるのなら、少々値が張りますが音波歯ブラシか超音波歯ブラシが良いと私は思います。普通の電動歯ブラシにはない細菌にダメージを与えると言う大きなメリットがあるので……。なお最近は、超音波歯ブラシに音波歯ブラシの機能を加えた物もあります。


ところで、私のような歯周病患者にとっては、超音波歯ブラシが理想でしょうね。歯垢を付着しにくくするということは、歯周病の進行を軽減することに繋がりますので。ただ、かなり高額なのが難点ではありますが……。とほほ……。


手動歯ブラシのメリット・デメリットは?


手動歯ブラシ



<メリット>


(1) 値段が安価(高くても300円前後)です。


(2) ヘッドや毛先の種類が豊富なので、自分に合った歯ブラシを選択することができます。(※ただし、歯周病を患っている方は、使用することができる歯ブラシが限定されます。毛先が柔らかい、毛先が細い、毛が密集している歯ブラシが理想です。※詳しくはこちらをご一読ください。⇒歯茎にやさしくて、歯垢も落とせる歯ブラシの選び方


(3) 好きな歯磨き粉を使用することができます。(※ただし、歯周病を患っている方や知覚過敏に悩まされている方は、それらを軽減することができる歯磨き粉が理想です。※詳しくはこちらをご一読ください。⇒歯茎の腫れや出血、そして口臭を予防する歯磨き粉とは? ⇒知覚過敏になったら、痛みを軽減する歯磨き粉を使おう!


<デメリット>


(1) 歯垢を除去するためには、ある程度時間(10分~15分)をかけてきちんと磨く必要があります。


(2)  正しくブラッシングしないと、歯や歯茎を傷めます。(※歯磨きの仕方については、こちらをご一読ください。⇒磨き残しを極力減らす、歯磨きの仕方


(3) 奥歯の裏側が少し磨きにくいです。


以上が手動歯ブラシのメリットとデメリットになります。手動歯ブラシの最大のメリットは、ヘッドや毛先の種類が豊富なことですね。これにより、自分の口腔に適合した歯ブラシを購入することができるし、もし間違えたとしても安価なので差し替えが効きます。


私は以前、ドラッグストアで手動歯ブラシを購入していたのですが、歯科医院で口腔環境に適合していないと指摘を受けたため、その日から歯科医院専用歯ブラシに変えました。その歯ブラシは手動歯ブラシの中でも高い方でしたが、300円(税込)でしたので、さほど負担に感じませんでした。凄く使いやすいので、今でもずっと愛用しています。


なお一番のデメリットは、時間をかけてきっちり磨かないと、磨き残しが出ることですね。殆どの電動歯ブラシは、使用方法を完全にマスターすれば、わずか数分で歯垢を除去することができますが、ブラシのヘッドを手で小刻みに動かす手動歯ブラシは、どうしても時間がかかります。


急いで磨くと手に力が入るため、歯や歯茎を傷つける可能性が高くなるし、磨き残しがかなり出ます。


まとめ


いかがでしたか?


電動歯ブラシと手動歯ブラシ、どちらの歯ブラシにも一長一短があると言うことを、お分かり頂けたと思います。


歯周病予防に適した歯ブラシと言うことであれば、私個人としては手動歯ブラシよりも電動歯ブラシ(※ただし音波歯ブラシと超音波歯ブラシのみ)かな?と思うのですが、価格が高い・使用方法を誤ると歯や歯茎を傷める等のデメリットを考慮すると、どちらを購入すべきかお伝えすることができないのが現状です。


手動歯ブラシでも、正しくブラッシングした後に歯間ブラシやデンタルフロスを使用すれば、歯垢をかなり落とすことができます。(※詳しくはこちらをご一読ください。⇒歯垢除去の総仕上げは、歯間ブラシとデンタルフロスで!

そして、価格が安い・ヘッドや毛先の種類が豊富などのメリットがあります。


よって、電動歯ブラシと手動歯ブラシのメリットやデメリットを十分考慮した上で、自分に合った最も使いやすい歯ブラシを購入するのが良いと、私は思います。


<スポンサードリンク>



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2017/04/20 23:52 ] 歯磨き | TB(-) | CM(4)
shinさん、コメントありがとうございます。
コメント、ありがとうございます。
そう仰って頂けて、大変嬉しいです。
音波歯ブラシと超音波歯ブラシには、口腔や歯垢内に潜む細菌にダメージを与えると言うメリットがあります。
ただその反面、操作方法を誤ると歯と歯茎を傷めると言うデメリットもあります。
よって、ちょっと諸刃の剣的なところがあるかな?という気はしております。
でも、正しい操作方法とブラッシングを身に着ければ、かなり心強いアイテムだと思います。
私は現在、手動歯ブラシを使用していますが、いつか超音波歯ブラシを手に入れたいと思っています。
ただ、今懐具合が寂しいので、しばらくは無理そうです。とほほ……。
なのでしばらくは、手動歯ブラシで頑張って歯垢除去に励むつもりです。
お互い、口腔ケアを頑張りましょうね。

> おはようございます!
> 今回も大変勉強になりました^_^
> 歯は大切だしちょっとでも良い電動ハブラシを買った方が歯の病気の予防になりますよね(*≧∀≦*)
[ 2017/04/22 14:24 ] [ 編集 ]
バカワインさん、コメントありがとうございます。
コメント、ありがとうございます。
私も電動歯ブラシについて考察するまで、3種類もあるとは知りませんでした。
音波歯ブラシと超音波歯ブラシは、口腔や歯垢内に潜む細菌にダメージを与えることができます。
これはかなり魅力的ですよね。
ただ、操作方法を誤ると、歯や歯茎を傷めると言うデメリットがあります。
また値段もかなり高いです。
私は今のところ手動歯ブラシを使っていますが、いつか超音波歯ブラシを使ってみたいなと思っています。
ただ本体価格だけではなく、交換用ブラシのランニングコストを考えると、二の足を踏まざる負えません。
現在、懐がかなり寂しいので……。とほほ……。
なので、しばらくは手動歯ブラシで頑張るつもりです。
お互い、口腔ケアをがんばりましょうね。
[ 2017/04/22 14:09 ] [ 編集 ]
おはようございます!
今回も大変勉強になりました^_^
歯は大切だしちょっとでも良い電動ハブラシを買った方が歯の病気の予防になりますよね(*≧∀≦*)

[ 2017/04/21 08:00 ] [ 編集 ]
音波歯ブラシや超音波歯ブラシの特長が分かりました。
価格が高いけど、メリットってなんだろう?手間がかからないだけじゃないの?って勘違いしていたのが、理解できて良かったです。
長い目で見たら、歯医者通いするよりも良いですね。
[ 2017/04/21 00:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の54歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング