歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 生活習慣 > なぜ喫煙は歯周病を悪化させるのか?その驚愕の真実とは?

なぜ喫煙は歯周病を悪化させるのか?その驚愕の真実とは?

タバコ



こんにちは、HIROです。

歯周病の原因となる「乱れた生活習慣」の中に、過度な喫煙があります。そこで今回は、この喫煙と歯周病の関係について詳しくお話します。

※なお、乱れた生活習慣については、下記をご一読ください。
生活習慣を見直し、歯周病を改善しよう!

ところであなたは、タバコを吸われますか? 喫煙は身体にとって、「百害あって一利無し」と言われています。

なぜなら喫煙する人は、喫煙しない人より、動脈硬化や心筋梗塞、そして脳卒中や肺がん等の病気を発症若しくは悪化させるリスクが高いからです。そしてその病気の中には、歯周病も含まれます。

なぜ喫煙は歯周病を発症若しくは悪化させるのか? まずその理由について、下記でお話しします。


↓↓ポチっと応援クリックして頂ければ嬉しいです。

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康

喫煙が歯周病を悪化させる驚愕の真実とは?


歯の状態



喫煙を続けると、歯周組織(歯肉・歯槽骨等)がダメージを受け始めます。ダメージは、まず歯肉が歯周病菌に感染することから始まり、やがて歯槽骨の吸収へと進行します。

歯槽骨の吸収とは、歯周病菌から逃れるために歯槽骨が自らを溶かすことを言います。歯槽骨が溶け続けると、歯を支えることが困難になるので、最終的に歯は脱落します。

ではなぜ喫煙は、歯周組織にダメージを与えるのでしょうか? その原因はタバコの煙です。

有害物質の代表例はニコチン・タール・一酸化炭素です。その他にも300種類前後の有害物質があります。そしてそれ以上に恐ろしいのが、発がん物質です。これも1つや2つではなく、数十種類はあります。

これらの物質が口腔内に蔓延するのですから、歯や歯周組織に悪影響が生じない訳がありません。

喫煙を続けると、歯や歯周組織に下記の症状が生じるため、歯周病が発症若しくは悪化します。

1 歯や歯肉への歯垢や歯石の付着が促進する

タバコに含まれるタール(ヤニ)は、粘着性の物質なので歯や歯肉に付着しやすくなります。そしてそれらに取りついたタールは、粘着力を武器に歯垢や歯石の付着を促進させます。

2 歯肉内の栄養と酸素が欠乏する

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮する作用があります。

また、有害物質である一酸化炭素は、血中のヘモグロビンと結合することにより、体内の酸素を欠乏させます。その結果、血の流れが悪くなり、歯肉への栄養分や酸素の供給力が低下します。

なお、この状態で歯周病を発症しても、歯肉はあまり腫れず出血もしません。

よって、歯周病に気づかず放置される可能性が高くなります。歯周病の症状がなくても歯槽骨の吸収は進むので、気づいた時には既に手遅れになる危険性があります。

3 唾液の減少により、歯周病菌が活性し歯の再石灰化が抑制される

喫煙すると口が渇くため、唾液の分泌量が減少します。

唾液が減少すると口腔内の殺菌力が低下するため、歯周病菌が活性化します。また唾液の減少は歯の再石灰化を抑制するので、虫歯になりやすくなります。

4 歯周組織の免疫力が低下する

喫煙すると、タバコに含まれるニコチンなどの有害物質により、歯周組織の免疫力が低下します。

免疫力が下がると、歯周病が促進するだけでなく、いくら治療しても治りが悪いため、歯が脱落するリスクを抱えることになります。

喫煙により悪化した歯周病の対処法は?


タバコ



結論から言うと、喫煙を止めることが最良の対処法になります。
つまり「禁煙」ですね。

禁煙すると、歯肉内の血流が良くなるので、歯肉の栄養不足や酸素不足が解消されます。血流の回復には個人差がありますが、数週間ぐらいです。

なお、回復するにつれて歯肉は、少しずつ黒っぽい色からピンク色へと変化していきます。

ただ重度の歯周炎の場合は、歯槽骨の吸収が激しいため、たとえ禁煙しても外科手術が必要な場合があります。歯周炎の進行状況によっては手術できないこともあり、その時は残念ですが抜歯になります。

まとめ

いかがでしたか?

前述したように、喫煙は百害あって一利無しです。一時的に気分を落ち着かせ、緊張感を和らげる効果はあるかも知れませんが、その代償はあまりにも大きなものです。

もしあなたが今、歯周病を患っているにも拘わらず過度の喫煙状態にあるのなら、早急に禁煙に向けて舵を切られることをお勧めします。

ただ禁煙はヘビースモーカーの方にとっては、かなり苦痛を伴います。
自己流で禁煙しようとしても、中々困難なのが現状です。

なので、そういう場合は、専門家の指導を受けましょう。歯科医院に依頼すれば、禁煙指導を受けることができます。ぜひ、依頼してみてください。

歯周病を改善し、一生自分の歯で美味しく食事をするためにも、禁煙を励行しましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/11/18 19:54 ] 生活習慣 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の54歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング