歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 歯垢と歯石 > 歯垢と歯石、怖いのはどっち?

歯垢と歯石、怖いのはどっち?

怖い1



こんにちは、HIROです。

歯周病の原因となる歯垢と歯石については、このブログに何度か掲載しましたが、今回はもう少し詳しくお話させて頂きます。


↓↓ポチっと応援クリックして頂ければ嬉しいです。

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康

歯垢と歯石


怖い2



飲食をすると口腔が酸性に傾くため、そこに潜む細菌が活性化し合体を始めます。

そしてそれは、8時間ぐらいでネバネバした粘着性の物質へと変化し、歯間や歯肉溝(歯と歯茎の間)に付着するのです。
なお、付着時点の色は白ですが、やがて白みがかった黄色へと変色します。

これを歯垢(プラーク)と言います。

歯垢の中に含まれる細菌の種類は、約300と言われています。
これだけの細菌が歯間や歯肉溝に付着していると考えるだけで、ぞっとしますよね。

歯垢が付着すると、細菌が毒素や酸を出し始めます。
中でも、歯周病菌が出す毒素とミュータンス菌の出す酸は危険です。
歯周病菌は歯周病を発症させ、ミュータンス菌は虫歯を発症させます。

※歯周病については、下記をご一読頂ければ幸いです。
歯周病

歯周病や虫歯を進行させつつ、歯垢はやがて硬くて白い石へと変化します。
この石を歯石と言います。

では歯垢は、どのようにして歯石へと変化するのでしょうか?
これには、ちょっとした仕組みがあります。

歯冠部分を覆うエナメル質は、飲食等により口腔が酸性に傾くと溶け始めます。
これを脱灰(だっかい)と言います。

このまま溶け続けると歯は欠けて行きますが、口腔にはそれを防ぎ溶けたエナメル質を再生させる「分泌液」があります。
それが唾液です。

唾液に含まれるカルシウムリン酸の力により、エナメル質は再生されます。
これを再石灰化(さいせっかいか)と言います。

この再石灰化の際に、歯垢は歯石へと変化します。
なぜかと言うと、再石灰化に必要なカルシウムとリン酸は、エナメル質を再生させるだけでなく、歯石を生成してしまからです。

歯石の表面には凹凸がたくさんあるので、そこに新たな歯垢が付着して行きます。
そして毒素や酸を出し続けながら増殖し、より強大になって行くため、歯周病や虫歯が進行するリスクが高まるのです。

なお、歯垢は2日ぐらいで歯石になります。

怖いのはどっち?


怖い3



歯垢と歯石はどちらも怖いです。
しかし、どちらがより怖いかと言うと、やはり歯石の方でしょう。

なぜならば、歯石は歯磨き等の口腔ケアでは除去することができないからです。
歯垢は歯ブラシや歯間ブラシ、そしてデンタルフロスで除去することができます。

しかし、歯石はそれらでは除去することができません。
もし取り残しがあると、歯垢はやがて歯石になります。
そして歯石は歯垢と合体を続けながら新たな細菌を呼び込み、より強力な酸や毒素で歯と歯茎を侵略するのです。

実のところ、プロの歯科医師や歯科衛生士でさえ、歯垢を100%除去するのは困難だそうです。
つまり歯石は絶対に付くということになります。

なお、生成された歯石は歯科医院で除去してもらう以外に方法はありません。

歯石を放置しておくと、歯や歯茎だけでなく最終的には歯を支える土台である歯槽骨も侵略され、歯が脱落する危険性があるので注意が必要です。


歯の脱落までの過程は、下記のとおりです。

1 歯肉溝に取りついた歯石が、歯垢を取り込み強大化する。

2 歯石内の歯周病菌が出す毒素により、歯肉溝が深くなり歯周ポケットと呼ばれる病的な溝ができる。

3 毒素は歯周ポケットをさらに深くすると共に、歯槽骨まで感染経路を伸ばそうとする。

4 歯槽骨は感染を防ぐために、自らを溶かし始める。(歯槽骨の吸収)

5 歯槽骨が減少すると、歯がグラつき始める。

6 歯槽骨の減少が加速し、歯が脱落する。

歯石は定期的に歯科医院で除去してもらいましょう。
そこまで深刻な状況でなければ、年に2回ぐらいでもOKですが、歯周炎を患っているのなら最低3か月に1回は除去してもらった方が良いでしょう。

ちなみに上記の4番は軽度の歯周炎5番は中度の歯周炎6番は重度の歯周炎になります。(※なお、歯周炎の症状によって歯石除去の回数は変動します)

私は軽度の歯周炎に罹っていますが、以前は年に2回しか歯石除去をしていませんでした。
歯科医師から3か月に1回、歯石を除去をするよう勧められたので、今はそうしています。

まとめ

歯石を放置すると、歯の脱落を招くリスクが高くなります。
小まめに歯科医院に行き、除去してもらうことをお勧めします。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/10/27 19:26 ] 歯垢と歯石 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の55歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング