歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 歯周病 > 妊娠中の歯周病対策

妊娠中の歯周病対策

森



こんにちは、HIROです。

今回は、妊娠中の歯周病対策についてお話します。

私は男性なので、当然妊娠の経験はありません。
なので、これからお話しする内容は、調査や妻の体験談に基づくものになります。

あなたが女性で現在妊娠中の場合は、可能な範囲で実践していただければ幸いです。

またあなたが男性の場合は、恋人・奥さん・娘さん・お孫さんのことを思い浮かべながら、読んでいただければと思います。

なお、今回は主に、自宅でできる歯周病の対処法についてお話します。


↓↓ポチっと応援クリックして頂ければ嬉しいです。

闘病記 ブログランキングへ

妊娠中に歯周病や虫歯になる原因


植物



1 妊娠中はホルモンのバランスが崩れる。

妊娠中は女性ホルモンの増加により、ホルモンのバランスが崩れます。
ホルモンのバランスが崩れると、口腔内環境は悪化します。

また、歯周病菌や虫歯菌は、女性ホルモンを吸収して繁殖します。
その結果、歯茎が赤く腫れ、歯磨きの際に出血するなどの症状が現れます。
これを「妊娠性歯肉炎」と言います。

※参照
歯茎が腫れる歯肉炎は歯周病の初期症状

歯肉炎は歯周病の初期段階です。
歯茎は腫れても、被害は歯周組織まで及んでいません。

歯磨きなどの処置をきちんとすれば、完治します。
しかし、そのまま放置すると歯周炎へと進行するので、注意が必要です。

2 妊娠中は唾液の分泌量が減少する。

妊娠初期は「つわり」のため、一時的に唾液の分泌量が増えます。
これを「唾液過多」と言います。

唾液過多は通常中期に入ると落ち着きますが、今度は逆に唾液の分泌量が減ってきます。
(※なお、上記については個人差があります。唾液過多が出産まで続くこともあるそうです)

唾液が減少する原因は、妊娠による女性ホルモンの増加や緊張感・ストレスによる副交感神経の抑制が考えられます。
  
唾液の分泌量が減少すると、殺菌力や口腔内を中性に戻す機能が弱くなるので、口腔内は酸性に傾きます。
口腔内の酸性化は歯周病菌や虫歯菌を活性化させるので、歯周病や虫歯になる確率が高くなります。

また唾液の減少は、歯の「再石灰化」の力を低下させます。
再石灰化とは、強烈な酸によって溶かされた歯を修復する力のことです。
唾液の分泌が正常なら、歯はしばらくすると修復されます。
しかし唾液の分泌が減少すれば、再石灰化が間に合わなくなるため、溶けた歯は修復されず虫歯になります。

※参照
歯と歯茎を守る「唾液の力」

3 つわりが続くと歯磨きの時間や回数が減少する。
  
「つわり」で吐き気や嘔吐が続くと、歯磨きに神経を集中することが困難になります。
そうなると歯垢除去が不十分になります。

歯磨きは、歯ブラシを口に入れて毛先で歯や歯茎を擦って歯垢を落とすという、かなり手間のかかる作業です。
通常ならすっきりする歯磨きも、つわりの時には苦痛以外の何者でもありません。

歯磨きの時間や回数が減るのも、やむを得ないことなのかも知れません。

妊娠中に自宅でできる歯周病の対処法


植物



1 歯磨きをする

歯周病予防の要は、なんといっても歯磨きです。
歯茎の腫れや出血だけ(歯肉炎)なら、歯磨きをきちんとすれば完治します。

※参照
歯磨き

ただ「つわり」の時に歯を磨くのは、けっこうきついと思います。
またこの時期は、嗅覚と味覚に変化が生じます。
歯磨き粉の臭いや味で吐き気がするかもしれません。

そういう時は水で「うがい」をしましょう。
歯垢を除去することはできませんが、歯間に挟まった食べかすや口腔内の細菌を外部に追い出すことはできます。
その結果、酸性に傾いた口腔内環境は中性に近づきます。

そして調子が良い時に歯ブラシでブラッシングをしましょう。
この時、臭いや味が気になるようでしたら、無理に歯磨き粉を付けなくても良いです。

歯磨きの基本は、あくまでも歯ブラシによるブラッシングです。
正しい歯磨きで歯垢を掻き出しましょう。

ただもし可能なら、味があまりしない低刺激の歯磨き粉を使用するのも良いかもしれません。
子ども用の歯磨き粉などで試してみてください。

また、歯ブラシは、口に入れやすいヘッドの小さいものが理想です。
ヘッドが舌に接触すると吐き気を催す危険性があるので、ヘッドの大きいものは使用しないようにしましょう。

歯磨きは、洗面台にかがみこむような姿勢で行えば、喉への刺激が少なくなるので、吐き気が緩和されるそうです。

なお、妊娠性歯肉炎にかかっている場合は、やわらかめの歯ブラシを使いましょう。
それを使えば、歯茎をからの出血を減らすことができます。

※参照
歯茎にやさしくて、歯垢も落とせる歯ブラシの選び方

これで歯垢をある程度落とすことができます。
また、歯間ブラシやデンタルフロスを併用すれば、さらに効果が高まります。

※参照
歯垢除去の総仕上げは、歯間ブラシとデンタルフロスで!

「つわり」の期間中に磨き残した強固な歯垢は、「つわり」が終わり安定期に入ってから、歯科医院で除去してもらえば良いと思います。

2 食生活を見直す

「つわり」が終わり安定期に入ったら、食生活を見直しましょう。

妊娠中は、ストレスやその他様々な理由により食生活が乱れます。
安定期に入り体調が落ち着いて来たら、歯や歯茎に良い食物を中心とした栄養バランスの良い食事を摂るよう心がけましょう。
(※安定期には個人差があります)

下記の記事を参考にして頂ければ幸いです。
歯茎からの出血を防ぎ、歯周病治療の一助となる食べ物とは?

まとめ

妊娠中はホルモンのバランスが崩れるため、口腔内環境が悪化します。
そしてそれは、歯周病や虫歯になるリスクを高めます。
対処法として「歯磨きの励行」と「食生活の見直し」を私はお勧めします。

「つわり」の時期は無理をせず、できる範囲内で対処し、安定期に入ってから徐々に見直して頂ければと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/09/08 22:44 ] 歯周病 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の55歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング