歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 食生活 > カルシウムの力で骨密度を高め、歯周病の進行を抑制しよう!

カルシウムの力で骨密度を高め、歯周病の進行を抑制しよう!

走行



こんにちは、HIROです。

前回の「食生活」のコーナーでは、「歯茎からの出血を防ぐ食べ物」についてお話ししました。
歯茎からの出血を防ぎ、歯周病治療の一助となる食べ物とは?

そこで今回は、歯周病の進行を抑制するために必要不可欠な栄養素である「カルシウム」についてお話しします。


↓↓ポチっと応援クリックして頂ければ嬉しいです。

闘病記 ブログランキングへ

カルシウムの主な役割


ジャコ



カルシウムは、ビタミンCやタンパク質と同様に身体にとって大事な栄養素です。

カルシウムのほとんど(99%)は、歯と骨の形成に使われます。
歯や骨がなかなか欠けたり折れたりしないのは、このカルシウムのお陰です。

そして残り1%は、細胞と血液の中にあり、筋肉の収縮や自律神経・血圧の調整などを担っています。

カルシウム不足は歯周病や虫歯を進行させる


カルシウム不足に陥ると、歯周病が進行します。
なぜならば、歯を支える土台である歯槽骨が弱体化するからです。

歯周組織



骨はカルシウムを吸収することによって、強化されます。
歯槽骨も骨である以上、カルシウムの影響を受けます。
カルシウムの力によって歯槽骨は保たれていると言っても過言ではないでしょう。

軽度の歯周炎に罹った場合、歯槽骨は歯周病菌への感染を防ぐため、自らを溶かし始めます。
これを歯槽骨の吸収と言います。

この時、歯槽骨内のカルシウム量が正常なら、そこまで急激に吸収は進みません。

しかし様々な原因(乱れた生活習慣など)により、カルシウム不足の状態なら、歯槽骨は脆くなっているので、吸収は加速します。
その結果、歯周病の治療が間に合わず、歯が抜けてしまう可能性が高まるのです。

また、カルシウムは唾液中にも含まれます。
歯の表面を覆っているエナメル質は、唾液中に含まれるカルシウムとリン酸によって「再石灰化」します。

食事などにより、口腔内が酸で満たされると、エナメル質が溶け始めます。
これを「脱灰」と言います。
しかし、しばらくすると唾液中のカルシウムとリン酸の力によって元通りに修復されます。
これが「再石灰化」です。

カルシウム不足は、この再石灰化の機能を著しく低下させます。
そうなるとエナメル質の修復作業が間に合わなくなり、虫歯になる確率が高くなります。

効率よくカルシウムを吸収し、骨密度を高める方法


ミルク



1 カルシウムが豊富な食品を中心としたバランスの良い食事療法

カルシウムを効率よく吸収するためには、まず生活習慣の基本である食事を見直す必要があります。
乳製品などカルシウムを多く含んだ食品を中心に、バランスよく摂取しましょう。

乳製品は、スキムミルク無糖ヨーグルトがお勧めです。

スキムミルクと牛乳を同じ分量で比較した場合、スキムミルクのエネルギー量は、牛乳の約半分です。
そして脂質は60分の1以下です。
しかしカルシウム量は、同等かそれ以上あります。

よって、皮下脂肪が気になる中高年の方に適しています。
また、ダイエット食品としても重宝されています。

無糖ヨーグルトは砂糖を含んでいないので、加糖ヨーグルトほど口腔内は酸性に傾きません。

これでばっちりカルシウムが取れるんですから、歯周病患者にとっては頼もしい食品ですね。
とはいえ、乳糖は含まれています。
よって、食べた後は「うがい」をした方が良いです。

実のところ、私は小腸の機能障害のため、乳製品を控えるよう栄養士に言われています。
下痢が促進しますので……。

最初は言われるままに諦めていました。
しょうがないな、と……。
でも、ほんの少しでもカルシウムを吸収できたらという思いは、日を重ねるごとに強くなりました。

そこで現在、下記の方法で脂質がほとんどないスキムミルクと無糖ヨーグルトを毎日飲食しています。

スキムミルクは、夏でも温めて飲みます。
そして無糖ヨーグルトは、食べる少し前に冷蔵庫から取り出し、常温になってから食べるようにしています。

これなら刺激が緩和されるので、小腸もいくらか消化・吸収してくれているような気がします。
本当のところ吸収されているかどうかは不明ですが……(涙)。

スキムミルクはおやつの時間(午後3時過ぎ)、無糖ヨーグルトは朝食とおやつの時間に摂ります。

小腸の機能障害により、最初の頃は食べ終わった瞬間にトイレに直行していましたが、最近はだいぶ落ちつき1時間ぐらい我慢できるようになりました。
努力って、大事ですね。

スキムミルクと無糖ヨーグルトの食べ方は様々です。
単体ではなく、料理に加えて調理して飲食する方法もあります
スキムミルクはカレーやシチューに入れると良いみたいです。

無糖ヨーグルトは、食パンの上に乗せて食べたら美味しいですよ。
無糖なので甘みは少ないですが、食パンとは相性が良いです。
私は時々やっています。

ただ、スキムミルクには乳糖が含まれています。
よって、もしあなたが乳糖不耐症の場合は、飲むのを控えた方が良いです。

乳糖不耐症とは、小腸で乳頭を分解・吸収することができないことを言います。
乳糖は、小腸から分泌されるラクターゼという消化酵素により分解されます。

この酵素の分泌が少ない場合は、乳糖は小腸で分解・消化・吸収されずそのまま大腸へと流れます。
乳糖は大腸の腸内細菌により分解されますが、大腸には消化・吸収機能がないので、そのまま下痢になって排出されます。

私は短腸なので、一般人に比べてラクターゼの分泌は少ないですね。

骨の強度のことを「骨密度」と言いますが、今度それを測定してもらい、平均をかなり下回っていたら、スキムミルクの飲用を完全にやめざるを得えないかも知れません。

でも、無糖ヨーグルトなら大丈夫です。
なぜなら、無糖ヨーグルトの中に含まれる乳糖は既に分解されているからです。

後は小腸で消化・吸収するだけなので、ラクターゼの力は必要ありません。
よほど体調が悪い時でない限り、下痢になることはないでしょう。
たとえあなたが乳糖不耐症でも、無糖ヨーグルトなら安全です。

スキムミルクをやめた分、無糖ヨーグルトを食べる回数を増やせば問題ありません。

私は短腸なので、何を食べても下痢を免れることはできませんが、ヨーグルトは食べ続けるつもりです。

なお、その他のカルシウムを多く含む食品は、下記の通りです。
チーズ、桜えび、いわしの丸干し、しらす干し(半乾燥)、いかなご、ししゃも、鮎、ひじきなど。

なお、カルシウムはビタミンDと一緒に摂取することで効率よく体内に吸収されます。

ビタミンDは、あんこうのきも・いわしの丸干し・しらす干し(半乾燥)・いかなご・イクラ・きくらげなどに多く含まれます。

なお、いわしの丸干しとしらす干し(半乾燥)、そしていかなごは、カルシウムとビタミンDの両方の栄養素を含んでいるので、摂取すれば一石二鳥になります。

私の場合、小腸がどのくらい吸収してくれるか疑問ですが、30回以上よく噛んで食べることにより、少しでも小腸の負担を減らすよう努力しています。

あなたもこれらの食品を、乳製品と一緒にできるだけ毎日摂りましょう。

余談ですが、私は鮎が大好きです。
親戚から冷凍保存された天然の鮎をもらって、たて酢をつけて食べています。
いつも食べる前に鮎に向かって両手を合わせます。

天然の鮎は、そう食べられるものではないので……。
優しい親戚に感謝ですね。

2 屋外ウォーキング

骨密度を高めるためには、飲食だけではなく運動も必要です。

手軽にできる運動として、私はウォーキングをお勧めします。
天気の良い日に日光を浴びながらウォーキングをすると、ビタミンDが体内で作られます。

そこであなたは、「ビタミンDは食品から摂ればいいじゃん」と思われたかも知れません。

でも違うんです。
いくら食品からカルシウムやビタミンDを吸収しても、運動を疎かにすると骨密度は高まりません。
その結果、骨が弱くなってしまうんです。

私は雨天の日以外は、1時間ほどウォーキングをしています。
時間は決めていないんですが、できるだけ日が当たっている時にするようにしています。

私は小腸の機能障害のため、カルシウムを十分吸収することができません。
なので、少しでもカルシウムが骨に定着し、骨密度が高まればと言う思いで、ウォーキングをしています。

まとめ

効率よくカルシウムを体内に吸収し、屋外でウォーキングをすれば骨密度は高まります。
骨密度の上昇は、歯周病の抑止力になります。

ただ、骨密度は一朝一夕では高まりません。
毎日上記の方法で、コツコツと愚直に努力する必要があります。
しかし努力すれば、必ず良い結果が出ます。

一緒に頑張りましょう!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/09/05 22:34 ] 生活習慣 食生活 | TB(-) | CM(2)
Re: 感動
コメント、ありがとうございます。
そう言って頂けると、心底嬉しいです。
これからも、良質な記事を配信できるよう頑張ります。
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2016/09/08 21:10 ] [ 編集 ]
感動
こんにちは、そうですよね、カルシウムは大切ですよね。
いつも良い記事を拝見して感動しています。
[ 2016/09/06 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の55歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング