歯周病から歯と歯茎を守るというモチベーションを維持するために、情報や体験談を発信しています。一生自分の歯で食事をするという夢を叶えるため、頑張ります。
歯周病から歯と歯茎を守るブログ HOME > 知覚過敏 > 冷たい物が歯にしみたら、知覚過敏が原因かも

冷たい物が歯にしみたら、知覚過敏が原因かも

知覚過敏



こんにちは、HIROです。

あなたの歯は今どんな状態ですか?
ひょっとして、冷たい物を食べた時に、歯がズキンと痛んだりしませんか?

もしその状態が長く続くようなら、注意が必要です。
あなたの歯は、知覚過敏になっている可能性があります。

歯がしみる知覚過敏とは

知覚過敏は、冷たい物等が歯に当たった時に感じる痛みのことです。
一般的には、「歯がしみる」と言いますよね。

それと虫歯との違いですが、虫歯は痛みに継続性があるのに対し、知覚過敏の痛みは、冷たい物等が当たった時だけに限られます。
ここが虫歯との大きな違いです。

日本人における知覚過敏の割合は、3人~4人に1人だそうです。
日本の人口を仮に1億人とすれば、2500万人~約3300万人が知覚過敏にかかっていることになります。
これって、けっこうな数ですね。

実は私も知覚過敏で悩んでいます。
冷たい物等を口にすると、歯がしみます。
食事や歯磨きのたびにしみますので、正直辛いです。
とほほ……。

「なぜ歯がしみるのか?」

その原因等について、下記で詳しく説明します。


知覚過敏の原因

ところであなたは、歯の仕組みについてご存知ですか?
知覚過敏歯について理解するためには、歯の仕組みを知っておく必要があります。
下記に歯の仕組みと知覚過敏の例を掲載していますので、
本題に入る前に確認して頂ければ幸いです。

<歯の仕組み>

知覚過敏



※詳細についてはこちらをご覧ください⇒歯の仕組み


<知覚過敏の例>
・歯根が露出している。

知覚過敏



知覚過敏の原因は色々ありますが、代表的なものは下記の4つになります。

1 乱暴な歯磨きにより、歯茎が傷つき歯根(歯の根元)が露出する。

2 歯周病により歯茎が後退し、歯根が露出する。
  
※歯周病についてはこちらをご覧ください。
歯周病は恐ろしい細菌感染症

3 歯ぎしりにより、歯の根元に負担がかかり、その部分が楔形(くさびがた)に欠損する。

※歯ぎしりについてはこちらをご覧ください。
歯ぎしりとマウスピース

4 炭酸飲料に含まれる酸により、歯の表面を覆っているエナメル質
が溶ける。


以上です。

ここでちょっと、赤字の部分に注目してもらえますか。

1と2は、歯根が露出する。
3は歯根が楔形に欠損する。
4はエナメル質が溶ける。
となっていますよね。

これらには共通点があります。
それは象牙質が露出するということです。
つまり、この象牙質の中に「なぜ歯がしみるのか?」という問いに対する答えがあるのです。

それは何か?
下の図を見ながら説明したいと思います。

知覚過敏



これは、原因2の「歯周病により歯茎が後退し、歯根が露出している」状態の図です。

知覚過敏と赤字で書かれた箇所には、歯肉(歯茎)がありません。
歯周病により、歯槽骨が溶け、歯肉が後退しているからです。
そして悪いことに、歯根部分はエナメル質ではなくセメント質という組織で覆われています。

セメント質の硬度は、エナメル質に遠く及びません。
食事や歯磨きをするたびに、剥がれていくのです。
その結果、象牙質が剥き出しになります。

実はこの象牙質、表面にたくさんの穴があいているんです。
この穴は細い管になっていて、歯髄(歯の神経と血管を司る部分)までつながっています。
この細い管のことを、象牙細管(ぞうげさいかん)といいます。

ここでちょっと、図の方を見て頂けますか。
象牙質の中に、細い管がたくさん見えますよね。
これが象牙細管です。

象牙細管の機能は、歯髄からの栄養を象牙質とエナメル質へ送ることです。
それともう1つ……。

象牙質が受けた刺激を、歯髄(歯の神経)に伝達することです。


この2番目の機能が、「なぜ歯がしみるのか?」という問いに対する答えになります。

象牙質がエナメル質で覆われていれば、象牙細管の穴は通常閉じています。
よって、よほどのことがない限り、歯がしみることはありません。

しかし、1~4の原因で象牙質が露出すると直接刺激を受けるため、穴が開きます。
そしてその刺激は、象牙細管を通して歯髄へと伝わり歯がしみることになるのです。

上記の4つの原因は、最初の過程こそ違っていますが、最後は皆「歯がしみる」という結果になります。

ところで私は、この1~4の原因全てに該当します。
今までの人生(54年間)で全てを経験しました。
いやー苦しみましたね。
現在もですが。
とほほ……。

悲しみ



まとめ

知覚過敏の原因は様々です。
自分で判断するのは困難かもしれません。
迷った時は思い切って、歯科医院に行きましょう。

ちなみに私が最初に知覚過敏になった時(10年以上前です)は、歯科医院で診てもらいました。
診療後、4つの原因全てに該当すると分かった時は、正直ビックリしましたね。

マジかっ!と……。

叫ぶ




次回は、知覚過敏の治療についてお話します。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログの記事一覧です。
↓  ↓
記事一覧


笑顔の画像


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。

↓ ↓ ↓


闘病記 ブログランキングへ


当ブログに関して
感想や質問があれば
遠慮なくメールくださいね。
お待ちしております。(^^)/

↓ ↓ ↓

【お問い合わせフォーム】
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/08/04 20:14 ] 知覚過敏 | TB(-) | CM(2)
Re: はじめまして♪
こんにちは、みりんさん。
こちらこそ、ブログへのご訪問とコメント、ありがとうございます。

このブログが少しでも みりんさん のお役に立てたと思うと、嬉しいです。

みりんさんも歯がしみると聞き、心配しております。
冷たい物が歯に当たった時だけ「しみる」のであれば、知覚過敏の可能性が高いです。
ただ、知覚過敏を治療するためには、まずその原因を解明する必要があります。
お時間のある時に、歯科医院で診察を受けられることをお勧めします。

私の知覚過敏はけっこう酷く、風が当たっただけでしみることがあります。
何とか治そうと、現在悪戦苦闘中です。
お互い頑張りましょう。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2016/08/05 20:01 ] [ 編集 ]
はじめまして♪
HIROさん、はじめまして、
みりんと申します。

ブログへご訪問とコメント、ありがとうございました(^^)/

丁寧な解説で、歯茎の勉強になりました。
私も、「しみる」ので、知覚過敏かもしれません。


年齢と共に、歯茎も下がってきて、
色も弾力も悪くなってきたと感じていました。

もっと、大切にしないといけないですね^^

ステキなアバターですね~(^^)/
これからも頑張ってください!!

応援完了です^^
[ 2016/08/04 22:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂ければ嬉しいです。
↓  ↓

闘病記 ブログランキングへ


にほんブログ村
にほんブログ村 歯磨き・歯の健康
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
はじめまして、HIROと言います。
広島県在住の55歳です。
歯周病から歯と歯茎を守りたい一心で、現在歯周病の治療に励んでおります。
趣味は読書、ウォーキング、DVD鑑賞、そして野球観戦(広島東洋カープの応援)です。
(続きを読む)

人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング